Skip to main content

Server 使用状況レポートのインストール

注記

Server使用状況レポートの廃止

Server 2022.3にて、Server使用状況レポートを廃止しています。

Server使用状況レポートは、Server製品と並行しての個別ダウンロードとして提供されています。DesignerでMongoDBに接続したワークフローを実行し、管理者がServer設定に関する有用な統計情報を取得できるようにします。

ServerのDBスキーマに対する継続的な変更により、レポート出力の有効性と値は時間の経過とともに減少しています。このレポートでは、Server製品の基幹データベースに追加された新しいスキーマが記録されていません。そのため、Server使用状況レポートをServerと並行しての個別ダウンロードパッケージとして提供することを中止いたします。

このレポートは2021.4および2022.1ダウンロードページより引き続きダウンロードできます。しかし、継続的なデータベースの変更により、このレポートの出力の価値は低下し続けています。

レポートはDesignerマクロであるため、MongoDBから必要に応じて、どのユーザーでも情報を継続的な使用のためにダウンロードおよび更新することができます。ただし、Alteryx製品チームがレポートを現在の状態から更新または保守することはありません。

Server使用状況レポートに関するフィードバックを送信をご希望される場合は、 このアンケート にご回答ください。当社のServer製品チームは、今後の製品スイートへの追加に関するあらゆる要望を把握したいと考えています。

Alteryx Server 使用状況レポ―トを使用して、Server のユーザーアクセス、コンテンツ、スケジュール、およびジョブ分析に関するレポートを作成します。レポートは、Tableau ダッシュボードまたは PDF ファイルおよび Excel ファイルとして表示できます。

インストールファイルのダウンロード

  1. licenses.alteryx.com で  Alteryxダウンロード&ライセンス ポータルにサインインします。

  2. Product Downloads (製品のダウンロード) で  Alteryx Server を選択します。

  3. Download Products (製品のダウンロード)  ページで、ダウンロードしたい製品のバージョンを選択します。最新バージョンは New Versions (新規バージョン)  タブにあります。 Previous Versions (以前のバージョン) タブで以前のバージョンにアクセスできます。

  4. Downloads (ダウンロード) ページで、 File Name (ファイル名)  列の AlteryxServerUsageReport.zip リンクを選択してファイルをダウンロードします。

レポートの設定と実行

  1. AlteryxServerUsageReport.zip を解凍します。

  2. Alteryx_Server_Usage_Report.yxmd ファイルを開きます。

  3. キャンバスで Alteryx Server Usage Report macro  を選択します。

  4. 設定 ウィンドウで、結果を表示する出力のタイプを選択します。

    • Tableau workbook : ユーザーアクセス、コンテンツ、スケジュール、およびジョブ分析情報を含むワークブックと一連のダッシュボードを作成します。

      1. Output macro  を選択します。

      2. 設定 ウィンドウで Save Tableau Workbook (Tableau ワークブックの保存)  タブを選択します。

      3. Save resulting Tableau workbook to a specific location (Tableau ワークブックの結果を指定した場所に保存する)  のチェックボックスをオンにします。

      4. 場所を選択してファイル名を入力します。

    • PDF : 指定した日数に関するデータと共に、Summary.pdf、AppExecutions.xlsx、および SessionActivity.xlsx の各ファイルを作成します。

  5. システム設定 Controller (コントローラー) Persistence (永続性) ページを確認して、 Database Host (データベースホスト) ユーザー名 パスワード を入力します。

  6. 詳細オプション を選択して、Alteryx Server と Alteryx Service のデータベース名を既定から変更します。

  7. ワークフローを 実行 します。

  8. 結果 ウィンドウで、出力ファイルへのリンクを選択します。

    • Tableau ワークブックの場合は、Workbook.twb ファイルへのリンクを選択します。

    • PDFの場合は、SessionActivity.xlsx、Summary.pdf、および AppExecutions.xlsx の各ファイルへのリンクを選択します。

レポートのスケジュール

  1. レポートを設定して実行するには、前の手順を実行します。

  2. ワークフローを保存します。

  3. [オプション]  >  [ワークフローのスケジュール設定] を選択します。

  4. スケジュールの場所を選択します。ローカルマシンか既存のコントローラーを使用するか、 コントローラーの追加 オプションを使用して新しいコントローラーを追加できます。

  5. Run the workflow from its original location on disk (ディスク上の元の場所からワークフローを実行する) を選択します。

  6. 頻度を選択し、スケジュールオプションを完了します。

  7. OK を選択します。

制限事項

Server使用状況レポートの計測ユーザー数は、次のようなシナリオでは実際のユーザー数と異なる場合があります。

  • 複数のマシンで同じ電子メールアドレスを使用してライセンスを登録する場合、ユーザー数は実際のユーザーよりも少なくなります。たとえば、管理者は同じ電子メールアドレスを使用して複数のマシンを登録できます。

  • ローカルのサーバーに使用状況データを収集するための有効な XML タグが RuntimeSettings.xml にないユーザーがいる場合、ユーザー数は実際のユーザーよりも少なくなります。

  • Serverに接続できないユーザーがいる場合、ユーザー数は実際のユーザーよりも少なくなります。DesignerがこのURLに接続できない場合(Server にネットワーク接続されていない自宅でユーザーが作業している場合など)、データは収集されません。