Skip to main content

関数: クイックリファレンス

データの変換に使用できる関数は、次のとおりです。データ型によって、使用できる関数が決まります。詳細については、 データ型 を参照してください。

このガイドを使用すると、Designerの 式エディター で使用できる関数をすばやく参照できます。詳細および例については、各セクションにリンクされているカテゴリ別のページを参照してください。

条件式

条件付き関数を使用すると、IF 文を使用してアクションまたは計算を実行できます。パラメーターおよび例については、 条件付き関数 の記事を参照してください。

IF c THEN t ELSE f ENDIF

IF c then t ELSE f ENDIF : 条件cがtrueの場合はtを返し、それ以外の場合はfを返します。

IF c THEN t ELSEIF c2 THEN t2 ELSE f ENDIF

IF c THEN t ELSEIF c2 THEN t2 ELSE f ENDIF : 最初の条件cがtrueの場合はt、また2番目の条件c2がtrueの場合は t2、それ以外はfを返します。

IIF

IIF(bool, x, y) : ブールが true の場合は x、それ以外は y を返します。

Switch

Switch(Value,Default,Case1,Result1,...,CaseN,ResultN) : ケースのリストと値を比較し、対応する結果を返します。

変換

変換関数は、数値を文字列に、あるいは文字列を数値に変換します。パラメーターおよび例については、 変換関数 の記事を参照してください。

BinToInt

BinToInt(s) : バイナリ文字列 s を整数に変換します(53ビットに制限されています)。

CharFromInt

CharFromInt(x) : 入力した数値 x と一致する Unicode® 文字を返します。

CharToInt

CharToInt(s) : 入力した Unicode® 文字 s と一致する数値を返します。

ConvertFromCodePage

ConvertFromCodePage(s, codePage) : コードページのテキストをUnicodeに変換します。コードページの詳細については、 コードページ のドキュメンテーションを参照してください。

ConvertToCodePage

ConvertToCodePage(s, codePage) : Unicode® エンコーディングのテキストを特定のコードページに変換します。コードページの詳細については、 コードページ のドキュメンテーションを参照してください。

HexToNumber

HexToNumber(x) : HEX文字列を数値に変換します(53ビットに制限されています)。

IntToBin

IntToBin(x) : x をバイナリ文字列に変換します。

IntToHex

IntToHex(x) : x を HEX 文字列に変換します。

ToDegrees

ToDegrees(x) : ラジアンの数値(x)を角度値に(x)rad × 180/πの計算で変換します。xは数値である必要があり、ラジアン記号(rad)を含めることはできません。

ToNumber

ToNumber(x, [bIgnoreErrors], [keepNulls], [decimalSeparator]) : 文字列 x を数値に変換します。

ToRadians

ToRadians(x) : 度数(x)をラジアンに(x) ° × π/180の計算で変換します。xは数値である必要があり、度記号( ° )を含めることはできません。

ToString

ToString(x, numDec, [addThousandsSeparator], [decimalSeparator]) : numDec の小数位を使用して、数値パラメーター (x) を文字列に変換します。既定の選択では、ピリオドが小数点記号として使用されます。

日時

日付/時刻関数を使用すると、日付と時刻の値に基づいてアクションまたは計算を実行できます。パラメーターおよび例については、 日付/時刻関数 の記事を参照してください。

DateTimeAdd

DateTimeAdd(dt,i,u) : 日付/時刻の値に特定の間隔を追加します。

DateTimeDay

DateTimeDay(dt) : 日付/時刻値の日の数値を返します。

DateTimeDiff

DateTimeDiff(dt1,dt2,u) : 最初の引数から 2 番目の引数を減算し、その差分の値を整数で返します。期間は、文字列ではなく指定された時間単位数の数値として返されます。

DateTimeFirstOfMonth

DateTimeFirstOfMonth() : 月の初日の午前 0 時を返します。

DateTimeFormat

DateTimeFormat(dt,f,l) : 日付/時刻データを別のアプリケーションで使用できるように、ISO形式から、指定した言語(l)の、指定した別の形式(f)に変換します。文字列データ型に出力します。指定したフォーマットの精度が低い場合、出力では端数が切り捨てられます。

DateTimeHour

DateTimeHour(dt) : 日付/時刻値の時間の部分を返します。

DateTimeLastOfMonth

DateTimeLastOfMonth() : 現在の月の末日と、その日の終わりの 1 秒前 (23:59:59) に設定された時刻を返します。

DateTimeMinutes

DateTimeMinutes(dt) : 日付/時刻値の分の部分を返します。

DateTimeMonth

DateTimeMonth(dt) : 日付/時刻値の月の数値を返します。

DateTimeNow

DateTimeNow() : 現在のシステムの日付/時刻を秒単位で返します。

DateTimeNowPrecise

DateTimeNowPrecise() : 現在のシステムの日付/時刻を秒の小数位まで返します(精度は18桁まで)。オペレーティングシステムが提供する精度を超える精度を要求すると、この関数は残りの部分をゼロで埋めます。

DateTimeParse

DateTimeParse(dt,f,l) : 指定した形式(f)と言語(l)の日付文字列をISO標準形式(yyyy-mm-dd HH:MM:SS オプションの日付/時刻精度を適用可)に変換します。指定したフォーマットの精度が低い場合、出力では端数が切り捨てられます。

DateTimeSeconds

DateTimeSeconds(dt) : 時刻の秒部分を日付/時刻値で返します。秒以下の精度も存在していれば含めます。

DateTimeStart

DateTimeStart() : 現在のワークフローの実行が開始された日付と時刻を返します。

DateTimeToday

DateTimeToday() : 今日の日付を返します。

DateTimeToLocal

DateTimeToLocal(dt) : UTC 日付/時刻をローカルシステムのタイムゾーンに変換します。DateTimeToLocal関数は現在、 dt フィールドの日付/時刻精度をサポートしていません。

DateTimeToUTC

DateTimeToUTC(dt) : (ローカルシステムのタイムゾーンの)日付/時刻をUTCに変換します。DateTimeToUTC関数は現在、 dt フィールドの日付/時刻精度をサポートしていません。

DateTimeTrim

DateTimeTrim(dt,t) : 日付/時刻の不要な部分を削除し、修正した日付/時刻値を返します。

DateTimeYear

DateTimeYear(dt) : 日付/時刻値の年の数値を返します。

ToDate

ToDate(x) : 文字列、数値、または日付/時刻値を日付に変換します。

ToDateTime

ToDateTime(x) : 文字列、数値、または日付を日付/時刻値に変換します。ToDateTime関数はDateTime精度をサポートしていません。Excelの値は、秒単位の表現に制限されます(5桁、最大99999)。

ファイル

ファイル関数は、ファイルパスを構築し、ファイルが存在するかどうかを確認したり、ファイルパスの一部を抽出したりします。パラメーターおよび例については、 ファイル関数 の記事を参照してください。

FileAddPaths

FileAddPaths(Path1, Path2) : 2つのファイルパス部分を追加し、それら2つのパスの間に1つの \ (バックスラッシュ)があることを確認します。

FileExists

FileExists(Path) : ファイルが存在する場合は True 、存在しない場合は False を返します。

FileGetDir

FileGetDir(Path) : パスのディレクトリ部分を返します。

FileGetExt

FileGetExt(Path) : .(ピリオド) を含む、パスの拡張子を返します。。

FileGetFileName

FileGetFileName(Path) : 拡張子を除く、パスの名前部分を返します。

ファイナンス

ファイナンス関数は、金融アルゴリズムまたは数学的計算を適用します。参照: ファイナンス関数

FinanceCAGR

FinanceCAGR(BeginningValue, EndingValue, NumYears) : 複合年間成長率 (年換算ベースの幾何平均成長率) を計算します。

FinanceEffectiveRate

FinanceEffectiveRate(NominalRate, PaymentsPerYear) : 実効年利率 (名目金利から修正された、延滞金の年間複利を含む金利としての貸出金または金融商品の利率) を計算します。

FinanceFV

FinanceFV(Rate, NumPayments, PaymentAmount, PresentValue, PayAtPeriodBegin) : 投資の将来価値 (一定の金利または収益率を前提とした将来の特定の時点における資産の価値) を計算します。

FinanceFVSchedule

FinanceFVSchedule(Principle, Year1Rate, Year2Rate) : 将来価値スケジュール (投資に一連の金利を適用した後の初期元本の将来価値) を計算します。

FinanceIRR

FinanceIRR(Value1, Value2) : 内部収益率 (投資コストが投資の利益につながる金利) を計算します。これは、投資から得られるすべての利益は金銭の時間的価値に固有であり、投資がこの利益でゼロの正味現在価値を持つことを意味します。

FinanceMIRR

FinanceMIRR(FinanceRate, ReinvestRate, Value1, Value2) : 修正内部収益率 (IRR に関するいくつかの問題を解決することを目的とした、内部収益率の修正) を計算します。MIRRは、投資の魅力度の金融尺度です。

FinanceMXIRR

FinanceMXIRR(FinanceRate, ReinvestRate, Value1, Date1, Value2, Date2) : 定期的でない投資の修正内部収益率を計算します。

FinanceNominalRate

FinanceNominalRate(EffectiveRate, PaymentsPerYear) : 名目年利 (複利の頻度 (月など) が基本時間単位 (通常は年) と同じでない場合、金利は名目金利と呼ばれる) を計算します。

FinanceNPER

FinanceNPER(Rate, PaymentAmount, PresentValue, FutureValue, PayAtPeriodBegin) : 投資またはローンの期間数を計算します。

FinanceNPV

FinanceNPV(Rate, Value1, Value2) : 投資の正味現在価値 (資金調達費用が満たされた時点で、現在価値におけるキャッシュフローの超過または不足を判断する) を計算します。

FinancePMT

FinancePMT(Rate, NumPayments, PresentValue, FutureValue, PayAtPeriodBegin) : ローンの支払額を計算します。

FinancePV

FinancePV(Rate, NumPayments, PaymentAmount, FutureValue, PayAtPeriodBegin) : 投資の現在価値 (金銭の時間価値および投資リスクなどのその他の要因を反映するために割り引かれる、所定の日付での将来の支払いまたは一連の将来の支払いの金額) を計算します。

FinanceRate

FinanceRate(NumPayments, PaymentAmount, PresentValue, FutureValue, PayAtPeriodBegin) : 金利を (期間ごとに) 計算します。

FinanceXIRR

FinanceXIRR(Value1, Date1, Value2, Date2) : 定期的でない投資の内部収益率を計算します。

FinanceXNPV

FinanceXNPV(Rate, Value1, Date1, Value2, Date2) : 定期的でない投資の正味現在価値を計算します。

数学

数学関数は数学的計算を実行します。パラメーターおよび例については、 数学関数 の記事を参照してください。

ABS

ABS(x) : x の絶対値を返します。0 から数値までの距離です。値は常に正です。

ACOS

ACOS(x) : x のアークコサイン (逆コサイン) を返します。

ASIN

ASIN(x) : (x)のアークサイン(逆サイン)を返します。

ATAN

ATAN(x) : (x)のアークタンジェント(逆タンジェント)を返します。

ATAN2

ATAN2(y, x) : yとxのアークタンジェント((y/x)のアークタンジェント)を返します。

Average

Average(n1, ...) : 数値のリストの平均を返します。

AverageNonNull

AverageNonNull(n1, ...) : 数値のリストの平均を返します。Null値は計算から除外されます。この計算は数値データ型でのみ機能します。

CEIL

CEIL(x, [mult]) : (x)を、それ以上の(mult)の最小倍数に切り上げた数値を返します。(mult)パラメーターは0よりも大きい値でなければなりません。(mult)が指定されていない場合、(x)以上の最小の整数を返します。

COS

COS(x) : x のコサインを返します。

COSH

COSH(x) : (x)の双曲線コサインを返します。

DISTANCE

DISTANCE(from_Lat,from_Lon, to_Lat, to_Lon) : (lat1,lon1) から (lat2,lon2) までの距離を返します。

EXP

EXP(x) : e の x 乗 (e^x) を返します。

FACTORIAL

FACTORIAL(x) : 数値(x)の階乗を(n! = n x (n-1) x… x 1)の計算で返します。たとえば、4の階乗は次のように計算されます。4! = 4 x 3 x 2 x 1 = 24。

FLOOR

FLOOR(x, [mult]) : (x)を、それ以下の(mult)の最大倍数に切り捨てた数値を返します。(mult)パラメーターは0よりも大きい値でなければなりません。(mult)が指定されていない場合、次の最初の例に示されているように、この関数は(x)以下の最大の整数を返します。

LOG

LOG(x) : x の自然対数を返します。

LOG10

LOG10(x) : 10 を底とする x の対数を返します。

Median

Median(...) : 1 つ以上の (並び替えられていない可能性がある) 値の中央値を計算します。

Mod

Mod(n,d) : (n) を (d) で除算した後の剰余を返します (整数演算)。

PI

PI() : 円周率πの値を15桁の精度で返します。

POW

POW(x, e) : x のべき乗 (x^e) を返します。

RAND

RAND() : 0 以上 1 未満の乱数を返します。

RandInt

RandInt(n) : 0 以上 n 未満の乱数 (整数) を返します。

Round

Round(x, mult) : (x) に最も近い (mult) の倍数に丸めた値を返します。

SIN

SIN(x) : x のサインを返します。

SINH

SINH(x) : x の双曲線サインを返します。

SmartRound

SmartRound(x) : x に最も近い、x の大きさに基づいて動的に決定された値の倍数に四捨五入した値を返します。

SQRT

SQRT(x) : x の平方根を返します。

TAN

TAN(x) : x のタンジェントを返します。

TANH

TANH(x) : x の双曲線タンジェントを返します。

Math: Bitwise

ビット単位関数は、個々のビットのレベルで 1 つ以上のビットパターンまたは 2 進数で動作します。ビット単位関数を使用して、比較や計算のための値を操作します。パラメーターおよび例については、 数学: ビット単位関数 の記事を参照してください。

BinaryAnd

BinaryAnd(n,m) : n と m の AND 演算の 2 進数を返します。nとmの両方が1の場合は1、それ以外の場合は0になります。0がfalseと同等で、1がtrueと同等であれば、BinaryAnd演算は論理Andのように動作します。

BinaryNot

BinaryNot(n) : n の NOT 演算の 2 進数を返します。

BinaryOr

BinaryOr(n,m) : n と m の OR 演算の 2 進数を返します。

BinaryXOR

BinaryXOr(n,m) : n と m の XOR 演算の 2 進数を返します。

ShiftLeft

ShiftLeft(n,b) : n を b ビット分左にシフトした値を整数で返します。

ShiftRight

ShiftRight(n,b) : n を b ビット分右にシフトした値を整数で返します。

Min/Max

最小/最大関数は、一連の値の最小値と最大値を取得します。パラメーターおよび例については、 最小/最大関数 の記事を参照してください。

Between

BETWEEN(x, min, max) : 値(x)が他の2つの値(minとmax)の両端を含む間にあるかどうかをテストします。xがminとmaxの間にある場合、TRUEを返します。xがminとmaxの間にない場合、FALSEを返します。

Bound

Bound(x, min, max) : (x < min) の場合は最小値を返し、そうではなく (x > max) の場合は最大値を返し、それ以外の場合は (x) を返します。

Max

Max(v0, v1, ..., vn) : リスト中の最大値を返します。

MaxIDX

MaxIDX(v0, v1,..., vn) : リストから最大値の 0 ベースのインデックスを返します。

Min

Min(v0, v1,..., vn) : リスト中の最小値を返します。

MinIDX

MinIDX(v0, v1,..., vn) : リストから最小値の 0 ベースのインデックスを返します。

演算子

演算子は、アクションを表す文字です。算術演算子を使用して数学的計算を実行したり、ブール演算子を使用して true / false 値を出力します。参照: 演算子

ブロックコメント

/*Comment*/ : ブロックコメント演算子を使用して、式に影響を与えることなく、式エディター(式の行内)にコメントブロックを追加します。

単一行コメント

// Comment : 単一行コメント演算子を使用して、式に影響を与えることなく、式エディターに単一行のコメントを追加します。

&& (論理AND)

&& (論理AND) : (論理AND)この演算子を使用して、2つのブール値を合成します。結果もブール値になります。結合された値の両方が True である場合、結果は True であり、結合された値のいずれかが False の場合、結果は False です。

AND - キーワード

論理 AND - キーワード : (論理 AND) この演算子を使用して、2 つのブール値を合成します。結果もブール値になります。結合された値の両方が True である場合、結果は True であり、結合された値のいずれかが False の場合、結果は False です。

! (論理 NOT)

! : 論理NOT: 1 つの入力を受け入れます。入力値が True の場合、False を返します。入力値が False の場合、True を返します。

NOT - キーワード

NOT - キーワード : 論理NOT: 1 つの入力を受け入れます。入力値が True の場合、False を返します。入力値が False の場合、True を返します。

OR - キーワード

論理OR - キーワード : (論理OR) 2つの値のいずれか、あるいは両方がTrueの場合にTrueを返します。

|| (論理OR)

論理 OR || : (論理 OR) 2 つの値のいずれか、あるいは両方が True の場合、True を返します。

閉じ括弧

) : 閉じ括弧

除算

除算 / : 除算演算子を使用して、数値を別の数値で除算します。

等号

= : 等号

より大きい

> : より大きい

以上

>= : 以上

より小さい

< : より小さい

以下

<= : 以下

乗算

乗算 * : 乗算演算子を使用して、複数の数値を乗算します。

等号否定

!= : 不等号

開き括弧

( : 開き括弧

減算

減算 - : 減算演算子を使用して、数値をもう1つの数値から減算します。

値 IN - キーワード

値 IN (...) -キーワード : リスト内のテスト値: 特定の値がサブクエリまたはリスト内の値と一致するかどうかを判断します。

値 NOT IN - キーワード

値 NOT IN (...) -キーワード : リストにないことのテスト値: 特定の値がサブクエリまたはリストの値と一致 しない かどうかを判断します。

空間

空間関数は、空間オブジェクトを構築し、空間データを分析し、空間フィールドからメトリックを返します。パラメーターおよび例については、 空間関数 の記事を参照してください。

ST_Area

ST_Area(object, units) : 空間オブジェクトの面積を指定した単位で返します(数値データ値)。

ST_Boundary

ST_Boundary(object) : 空間オブジェクトの境界を返します(入力ポリゴンの境界を示すポリライン空間オブジェクト)。

ST_BoundingRectangle

ST_BoundingRectangle(object, ...) : 空間オブジェクトの外接する四角形(境界矩形)を返します(ポリゴン空間オブジェクト)。

ST_Centroid

ST_Centroid(object) : 空間オブジェクトの重心を返します(ポイント空間オブジェクト)。

ST_CentroidX

ST_CentroidX(object) : 空間オブジェクトの重心の経度を返します(数値データ値)。

ST_CentroidY

ST_CentroidY(object) : 空間オブジェクトの重心の緯度を返します(数値データ値)。

ST_Combine

ST_Combine(object1, object2,...) : 空間オブジェクトを結合します(空間オブジェクト)。

ST_Contains

ST_Contains(object1,object2) : object1がobject2を含んでいる場合はTrueを返します(ブール値)。

ST_ConvexHull

ST_ConvexHull(object1,...) : 空間オブジェクトの凸包を返します(空間オブジェクト)。

ST_CreateLine

ST_CreateLine(point1, point2...) : 指定したポイントとラインを順番に接続してラインを作成します(空間オブジェクト)。

ST_CreatePoint

ST_CreatePoint(x,y) : 指定した経度と緯度の座標を含む空間オブジェクトを返します(空間オブジェクト)。

ST_CreatePolygon

ST_CreatePolygon(obj1, obj2...) : 指定したポイントとラインを順番に接続してポリゴンを作成します(空間オブジェクト)。

ST_Cut

ST_Cut(object1,object2) : object2からobject1を切り取った結果を返します(空間オブジェクト)。

ST_Dimension

ST_Dimension(object) : 空間オブジェクトのディメンジョン (次元) を返します。空間ディメンジョンは、空間オブジェクトを構成するすべてのポイントを指定するために必要な座標の最小数です (数値データ値)。

  • ポイントオブジェクトは、値 0 を返します。

  • ラインオブジェクトは、値 1 を返します。

  • ポリゴンオブジェクトは、値 2 を返します。

ST_Distance

ST_Distance(object1, object2, units) : object1 から object2 までの距離を指定した単位で返します。サポートされている単位は、マイル (Mi)、キロメートル (KM)、メートル、フィートです (数値データ値)。

ST_EndPoint

ST_EndPoint(object) : 空間オブジェクトの最後のポイントを返します(ポイント空間オブジェクト)。

ST_Intersection

ST_Intersection(object1, object2, ...) : 指定した空間オブジェクトの交差を返します(空間オブジェクト)。

ST_Intersects

ST_Intersects(object1, object2...) : 空間オブジェクトが交差する場合、Trueを返します(ブール値)。

ST_InverseIntersection

ST_InverseIntersection(object1, object2...) : 指定した空間オブジェクトの逆交差を返します(空間オブジェクト)。

ST_Length

ST_Length(object, units) : 空間オブジェクトの直線の長さを指定した単位で返します(数値データ値)。

ST_MD5

ST_MD5(object) : 空間オブジェクトの MD5 ハッシュを計算します。

ST_MaxX

ST_MaxX(object) : 空間オブジェクトの最大経度を返します(数値データ値)。

ST_MaxY

ST_MaxY(object) : 空間オブジェクトの最大緯度を返します(数値データ値)。

ST_MinX

ST_MinX(object) : 空間オブジェクトの最小経度を返します(数値データ値)。

ST_MinY

ST_MinY(object) : 空間オブジェクトの最小緯度を返します(数値データ値)。

ST_NumParts

ST_NumParts(object) : 空間オブジェクト内のパーツ数を返します(数値データ値)。

ST_NumPoints

ST_NumPoints(object) : 空間オブジェクト内のポイント数を返します(数値データ値)。

ST_ObjectType

ST_ObjectType(object) : 空間オブジェクトの型を文字列値として返します(文字列データ値)。

ST_PointN

ST_PointN(object, n) : 空間オブジェクト内のN番目のポイントを返します(ポイント空間オブジェクト)。

ST_RandomPoint

ST_RandomPoint(object) : 空間オブジェクト内のランダムなポイントを返します(ポイント空間オブジェクト)。

ST_Relate

ST_Relate(object1,object2,relation) : オブジェクトが、指定されたDE-9IMの関係を満たす場合、True を返します(ブール値)。

ST_StartPoint

ST_StartPoint(object) : 空間オブジェクトの最初のポイントを返します(空間オブジェクト)。

ST_Touches

ST_Touches(object1, object2) : object1がobject2に接している場合、Trueを返します(ブール値)。

ST_TouchesOrIntersects

ST_TouchesOrIntersects(object1, object2) : object1がobject2と接しているか交差している場合、Trueを返します(ブール値)。

ST_Within

ST_Within(object1, object2) : object1がobject2に含まれている場合、Trueを返します(ブール値)。

特殊

これらの関数は、さまざまな特殊なアクションを実行し、すべての データ型で使用できます。パラメーターおよび例については、 特殊関数 の記事を参照してください。

EscapeXMLMetacharacters

EscapeXMLMetacharacters(String) : XML メタ文字をエスケープされた文字に置き換えます。エスケープされるのは5文字です。

文字

エスケープされたバージョン

"

&quot;

'

&apos;

<

&lt;

>

&gt;

&

&amp;

GetVal

GetVal(index, v0,...vn) : 0 ベースのインデックスで指定された値 (v0、...、vn) を返します。

GetEnvironmentVariable

GetEnvironmentVariable(Name) : Name で指定された環境変数を返します。環境変数のリストを取得するには、[ コントロールパネル ] > システムとセキュリティ ] > [ システム ] > [ システムの詳細設定 ] > [ 環境変数 ] の順に進みます。システム変数のリストが表示されます。このリストの中から任意の値を使用できます。

Serverサポート情報

Alteryxは、Serverに保存されたアプリでは GetEnvironmentVariable をサポートしていません。

Message

Message(messageType, message, returnValue) : 条件文を使用してメッセージログにメッセージを出力し、条件が満たされたときに列データを指定された値で更新します。

NULL

NULL() : Null 値を返します。

RangeMedian

RangeMedian(...) : 一連の集計範囲から中央値を計算します。詳細については、 範囲の中央値 を参照してください。

ReadRegistry

ReadRegistryString(Key, ValueName, DefaultValue=") : レジストリから値を返します。

Soundex

Soundex(String) : 文字列のSoundexを返します。Soundexは、文字列の最初の文字と、それに続く、次の項目に基づく 3 文字を基にコードを作成します。

文字

Soundex

アルファベット以外の文字 (数字と句読点)

-1

a、e、i、o、u、y、h、w

文字列内で最初の文字でない限り無視されます。

b、f、p、v

1

c、g、j、k、q、s、x、z

2

d、t

3

l

4

m、n

5

r

6

Soundex_Digits

Soundex_Digits(String) : 最初の4桁の数字を返します。 数字がない場合はSoundexを返します。

  • 文字列に数字 (数値) がある場合、最初の 4 桁が返されます。

  • 数字がない場合、Soundex コードが返されます。

TOPNIDX

TOPNIDX(N, v0, v1, ..., vn) : リストの最大値から N 番目の 0 ベースのインデックスを返します。N==0で、MaxIdx(...) と同じになります。

UrlEncode

UrlEncode(String) : UTF-16文字列を、従来のEngineとAMPの両方で使用できるWebの有効なURLとしてエンコードします。

文字列

文字列関数は、テキストデータに対して操作を実行します。文字列関数を使用してデータをクレンジングしたり、データを別の形式または大文字に変換したり、データに関するメトリックを計算したり、その他さまざまな操作を実行できます。パラメーターおよび例については、 文字列関数 の記事を参照してください。

Contains

Contains(String, Target, CaseInsensitive=1) : 文字列内の特定の文字列を検索します。文字列 (String) にターゲット (Target) が含まれている場合は True、それ以外は False を返します。

CountWords

CountWords(string) : 指定した文字列内の単語数を返します。単語はスペースで区切られた文字で定義されます。

DecomposeUnicodeForMatch

DecomposeUnicodeForMatch(String) : アクセントを削除し、ナロー (半角英数) 文字列に変換すると同時に複合文字を展開します。この関数はUnicode文字列を受け取り、小文字のナロー文字列に変換します。すべてのアクセントやその他の装飾は削除されます。

EndsWith

EndsWith(String, Target, CaseInsensitive=1) : 文字列が特定の文字列で終わるどうかを確認します。文字列 (String) がターゲット (Target) で終わる場合は True、それ以外は False を返します。既定では大文字と小文字は区別されません。

FindString

FindString(String,Target) : 文字列 (String) 内の特定の文字列 (Target) を検索し、文字列内での出現位置を返します。文字列 (String) 内の ターゲット (Target) で最初に生成された 0 から始まるインデックスを返します。出現がない場合は -1 を返します。

GetLeft

GetLeft(String, Delimiter) 指定した1つ以上の区切り記号の最初のインスタンスまで、指定した文字列の左側の部分を返します。

GetPart

GetPart(String, Delimiter, Index) 指定した1つ以上の区切り記号を使用して文字列を部分文字列に分割し、インデックスで指定した場所に部分文字列を返します。たとえば、インデックスが2の場合、関数は2番目の部分文字列を返します。

GetRight

GetRight(String, Delimiter) 指定した1つ以上の区切り記号の最初のインスタンスより後の指定した文字列の右側の部分を返します。

GetWord

GetWord(string, n) : 文字列内の N 番目 (0 ベース) の単語を返します。単語はスペースで区切られた文字の集合として定義されます。0ベースインデックスとは、最初の単語が0の位置(0から始まる)にあるという意味です。

Left

Left(String, len) : 文字列 (String) の最初の [len] 文字を返します。len が 0 より小さいか文字列の長さより大きい場合、指定した文字列は変更されずにそのまま返されます。

Length

Length(String) : 文字列(String)の長さを返します。

LowerCase

LowerCase(String) : 文字列を小文字に変換します。

MD5_ASCII

MD5_ASCII(String) : 文字列の MD5 ハッシュを計算します。文字列は、ナロー (半角英数) 文字のみであることが求められます。ワイド (全角) 文字は、ハッシュを計算する前に「?」に変換されます。String 型に使用します。WString 型には使用しないでください。この関数は、ワイド (全角) 文字を含む可能性のある文字列には使用しないでください。

MD5_UNICODE

MD5_UNICODE(String) : 元のエンジンと AMP の両方に対して、UTF-16 として保存されている文字列の MD5 ハッシュを計算します。

MD5_UTF8

MD5_UTF8(String) : UTF-8 として保存されている文字列の MD5 ハッシュを計算します。

PadLeft

PadLeft (String, len, char) : 文字列を指定した文字で、指定した長さまで左に埋め込みます。埋め込む文字が 2 文字以上の長さの場合、最初の文字のみが使用されます。

PadRight

PadRight (String, len, char) : 文字列を指定した文字で、指定した長さまで右に埋め込みます。埋め込む文字が 2 文字以上の長さの場合、最初の文字のみが使用されます。

REGEX_CountMatches

REGEX_CountMatches(String,pattern,icase) : 文字列内でパターンに一致した数を返します。

REGEX_Match

REGEX_Match(String,pattern,icase) : 正規表現に一致する文字列を検索します。文字列が最初の文字から最後までのパターンと一致するかどうかを示します。

REGEX_Replace

REGEX_Replace(String, pattern, replace, icase) : 正規表現を使用したテキストの置換を許可し、RegEx 検索 (pattern) と置換 (string) による結果の文字列を返します。最初の一致だけでなく、一致のすべての出現が置き換えられます。

Replace

Replace(String, Target, Replacement) : 文字列 (Target) の各出現箇所を文字列 (Replacement) で置き換えた後の文字列 (String) を返します。

ReplaceChar

ReplaceChar(String, y, z) : 文字 (y) を見つけるたびに文字 (z) で置き換えた後の文字列 (String) を返します。置換文字 (z) が複数の文字を含む文字列である場合、最初の文字のみが使用されます。文字 (z) が空の場合、文字 (y) の任意の文字に一致する各文字 (String) は、削除されます。

ReplaceFirst

ReplaceFirst(String, Target, Replacement) : 最初に出現した文字列 (Target) を文字列 (Replacement) で置き換えた後の文字列 (String) を返します。

ReverseString

ReverseString(String) : 文字列内のすべての文字の順番を反転します。

Right

Right(String, len) : 文字列の最後の (len) 文字を返します。len が 0 より小さいか文字列の長さより大きい場合、文字列は変更されないままです。

StartsWith

StartsWith(String, Target, CaseInsensitive=1) : 文字列が特定の文字列で始まるかどうかを検索します。文字列 (String) が特定の文字列 (Target) で始まる場合は True、それ以外は False を返します。

STRCSPN

STRCSPN(String, y) : 文字列 (y) 内に 含まれない 文字で構成される文字列 (String) の最初のセグメントの長さを返します。

StripQuotes

StripQuotes(String) : 文字列の末尾から見つかった一連の引用符またはアポストロフィを削除します。

STRSPN

STRSPN(String, y) : 文字列(y)内に含まれる文字で構成される文字列(String)の最初のセグメントの長さを返します。

Substring

Substring(String, start, length) : (Start) で始まり、(length) で終了する部分文字列を返します (指定されている場合)。

TitleCase

TitleCase(String) : 文字列をタイトルケースに変換します。

Trim

Trim(String, y) : 文字列(y)内の文字を文字列(String)の終わりから削除します。yはオプションで、既定では空白類をトリミングします。TRIM 関数の例では、指定された文字がトリミングされることに注意してください。文字の順序は関係ありません。

TrimLeft

TrimLeft(String, y) : 文字列 (y) の文字を文字列 (String) の先頭から削除します。yはオプションで、既定では空白類をトリミングします。

TrimRight

TrimRight(String, y) : 文字列 (y) の文字を文字列 (String) の末尾から削除します。yはオプションで、既定では空白類をトリミングします。

Uppercase

Uppercase(String) : 文字列を大文字に変換します。

Uuid

UuidCreate() : 固有識別子を作成します。

テスト

テスト関数はデータ比較を実行します。テスト関数を使用して、値のデータ型を識別するか、値が存在するかどうかを判別します。パラメーターおよび例については、 テスト関数 の記事を参照してください。

CompareDictionary

CompareDictionary(a,b) : 大文字と小文字の違いを無視して 2 つの文字列を比較し、数値と思われるテキストを数値順に比較します。この関数は、a < bの場合は-1、a==bの場合は0、a > bの場合は1を返します。

CompareDigits

CompareDigits(a, b, nNumDigits) : 2 つの数値を比較し、指定した桁数 (nNumDigits) と同じかどうかを判断します。この比較では、差の先頭桁が NumDigits 以上の桁 A と B の大きい方の先頭桁の右にある場合、数字とレポート A と B の差については同じと判断します。

CompareEpsilon

CompareEpsilon(a, b, epsilon) : 2 つの浮動小数点数を比較し、その差がイプシロン以内の場合は True を返します。

IsEmpty

IsEmpty(v) : v が NULL か "" に等しいかどうかをテストします。

IsInteger

IsInteger(v) : (v)に整数に変換できる値が含まれているかどうかをテストします。含まれている場合は、True を返します。

IsNull

IsNull(v) : (v)がNULLかどうかをテストします。v が NULL の場合は True を返し、それ以外の場合は False を返します。

IsNumber

IsNumber(v) : vのフィールドタイプが数値かどうかをテストします。

SpatialObj

IsSpatialObj(v) : v のフィールド型が空間オブジェクトかどうかをテストします。

IsString

IsString(v) : v のフィールド型が文字列かどうかをテストします。