Skip to main content

Outlook 365 Input Tool Outlook 365 入力ツール

Outlook 365 入力は、Outlook 365 からメールやカレンダーイベントを値のテーブルとして Designer に読み込みます。Outlook 365 入力では、メールの添付ファイルをダウンロードして後で処理することもできます。

Outlook 365コネクタのすべての機能を維持するには、「 Designerとデータコネクタの互換性 」を参照してください。

重要

このツールは、Designer では自動的にインストールされません。このツールを使用するには、 Alteryxマーケットプレイス からダウンロードします。

Outlook 365にサインイン

認証にはOAuth方式が使用されるため、[ インターネットブラウザからサインイン ] を選択して既定のAlteryxアプリケーションを使用するか、[ クライアントIDおよびシークレット、テナントIDを入力 ] を選択して自身のAPIアプリケーションを提供できます。独自のAPIアプリケーションを作成する方法については、「 カスタムAPIアプリケーションのセットアップ 」セクションを参照してください。

デフォルトの Alteryx アプリケーション ( インターネットブラウザーからサインイン ) を使用して、最大 6 か月のワークフローをスケジュールできます。ただし、[ クライアントID、クライアントシークレット、テナントIDを入力 ] を選択した後で [ サービスプリンシパルとして使用 ] を選択した場合は、会社のポリシーに従ってトークンの有効期限を設定でき、スケジュールされたワークフローは単一のユーザーに関連付けられません。これは、たとえば、ユーザーが退職してアカウントが無効になった場合にワークフローが実行されないようにする場合に便利です。

Outlook 365入力では、サービスプリンシパルとして使用せずにクライアントID、クライアントシークレット、テナントIDを使用して接続する場合でも、クライアントシークレットが必要です。管理者に連絡して、シークレット ID ではなく シークレット値 を要求してください。

データソースを選択

Outlook 365 入力では、個人アカウントまたは共有アカウントからメールやカレンダーイベントを読み込むことができます。

Eメール

  1. [ Get Data From ] で、[ Email ] を選択します。

  2. [ Show Folder From ] で、[ My Inbox ] または [ Shared Account ] を選択します。

    共有アカウントのフォルダを表示するには、[ Account Email ] にその E メールアドレスを入力 し、[ Show Folders ] を選択します。

  3. フォルダを選択します。

  4. [ Read Emails ] で、サブフォルダを含めるか除外するかを選択します。E メールをフィルタリングするには、[ Search query for selected folder, excluding subfolders ] を選択し、検索クエリを入力します。Outlook 365 入力では、API の制限により、Outlook で使用できる検索クエリの一部がサポートされていません。

  5. 添付ファイルをダウンロードするには、[ データ ] タブで [ Eメールから添付ファイルをダウンロード ] を選択し、保存先のパスを入力します。

    注記

    Outlook 365入力は、宛先パスに添付ファイルを含むフォルダーを作成します。フォルダーの名前は、電子メールの件名の最初の20文字、アンダースコア、日付、文字T、タイムスタンプ、文字Zになります。

    例: EMAIL ATTACHMENT SUB_2023-09-07T131008Z

  6. 読み込むフィールドを選択します。既定のフィールドは、[From Address]、[To]、[Subject]、[CC]、[Body Preview] です。

  7. [ Options ] タブで、E メールの処理後に実行するアクションを選択します。[Do nothing]、[Archive emails]、[Delete emails]、[Mark emails as read]、[Move emails to folder] のオプションがあります。

カレンダー

  1. [ Get Data From ] で、[ Calendar ] を選択します。

  2. [ イベントの読み取り先 ] で、[ カレンダー ] または [ 共有アカウント ] を選択します。

    共有アカウントからイベントを読み込むには、[ Account Email ] にそのメールアドレスを入力し、[ Test Access ] を選択します。

  3. イベントを読み込む期間を選択します。

    オプションは、[Previous month]、[This month]、[Previous quarter]、[This quarter]、[Previous year]、[This year]、[Custom date range] です。

  4. 添付ファイルをダウンロードするには、[ データ ] タブで [ イベントから添付ファイルをダウンロード ] を選択し、保存先のパスを入力します。

  5. 読み込むフィールドを選択します。既定のフィールドは、[Organizer]、[Response]、[Subject]、[Location Name] です。