Skip to main content

SharepointFiles SharePoint 出力ツール

SharePoint出力ツールを使用すると、CSV、XLSX、YXDBファイルやSharePointサイトのリストからデータを読み取れます。

重要

このツールは、Designer では自動的にインストールされません。このツールを使用するには、 Alteryxマーケットプレイス からダウンロードします。

SharePointツールバージョン2.2.0では、 SharePointファイル出力 の名前が SharePoint出力 に変更されました。

SharePointツールバージョン2.2.0では、SharePointオンプレミス版(バージョン2013および2016)のサポートも一時的に削除されました。 SharePointバージョン2.3.0 では、SharePointオンプレミス版のサポートが再び有効になりました。

SharePointファイル出力バージョン2.1.0には、以前は スタンドアロンのデータコネクタ であった書き込み機能も含まれています。SharePointコネクタの機能を完全に維持するには、「 Designerとデータコネクタの互換性 」を参照してください。

SharePoint にサインイン

認証には OAuth 方式が使用されるため、[ インターネットブラウザーからサインイン ] を選択して既定の Alteryx アプリケーションを使用するか、[ クライアント ID とシークレット、テナント ID を使用して URL に接続 ] を選択して自身の API アプリケーションを提供できます。独自のAPIアプリケーションを作成する方法については、「 カスタムAPIアプリケーションのセットアップ 」セクションを参照してください。

デフォルトの Alteryx アプリケーション ( インターネットブラウザーからサインイン ) を使用して、最大 6 か月のワークフローをスケジュールできます。ただし、[ クライアント ID、クライアントシークレット、テナント ID を使用して URL に接続 ] を選択した後で [ サービスプリンシパルとして使用 (アプリのみの認証) ] を選択した場合は、会社のポリシーに従ってトークンの有効期限を設定でき、スケジュールされたワークフローは単一のユーザーに関連付けられません。これは、たとえば、ユーザーが退職してアカウントが無効になった場合にワークフローが実行されないようにする場合に便利です。

使用可能な認証方法は、ファイルとリストの両方で同じですが、SharePoint バージョンでは異なります。また、リストに書き込むには、 サイトレベルのSharePoint URL を入力する必要があります。

  • SharePoint 365(クラウド)

    • ユーザーとしてブラウザにサインイン (OAuth)

    • アプリにサインイン (サービスプリンシパルを使用)

  • SharePoint 2013および2016(オンプレミス)

    • Windows アカウント

SharePoint ファイル

ファイルを選択

  1. サイト ドキュメントライブラリ を選択します。

  2. Select a Site and a Document Library.

  3. ファイルツリーでファイルを選択するか、名前で検索します。[ File Path ] フィールドにファイルパスを入力することができます。

  4. [ オプション ] タブの [ 既存のファイルアクション ] を使用して、既存のファイルの処理を選択します。

    • 名前変更 : [名前変更] オプションを使用すると、ファイル名が変更されます(ファイル名の末尾に一意の番号が追加されます)。

    • ファイルを上書き : 上書きオプションは、既存のファイルを削除し、新しいファイルの内容を書き込みます。

    • シートを上書き : [シートを上書き] オプションを選択すると、選択したシートが上書きされ、他のシートに変更は加えられません。

    • 付加 : [付加] オプションを選択すると、新しいデータが既存のファイルに追加されます。

    • 中止 : [中止] を選択すると、同じ名前の別のファイルがある場合、ファイルはアップロードされません。

重要

[既存のファイルアクション] で [ ファイルを上書き ]、[ シートを上書き ] または [ 付加 ] オプションを選択すると、更新されたシートがファイルの最初のシートになります。これは、シートの順序番号を使用するツールに影響を与える可能性があります。

フォルダを追加

  1. フォルダーを追加する サイト ドキュメントライブラリ を選択します。

  2. [ Add Folder ] を選択します。

  3. [ By Name ] を選択し、新しいフォルダの名前を入力します。Designer は、ワークフローを実行する必要なく、そのフォルダを追加します。

  4. 指定されたフィールドに基づいてデータから複数のフォルダを追加するには、[ By Field ] を選択します。

  5. [ File Name ] フィールドに新しいファイルの名前を入力します。

    [ File Name ] フィールドには、ファイルタイプの拡張子を含むファイル名を入力する必要があります。

  6. ワークフローを実行してフォルダを追加します。

ファイルを追加

  1. ファイルを追加する サイト ドキュメントライブラリ を選択します。

  2. [ Add File ] を選択します。

  3. [ 名前別 ] を選択し、新しいファイルの名前を入力します。

    [ File Name ] フィールドには、ファイルタイプの拡張子を含むファイル名を入力する必要があります。

  4. 指定されたフィールドに基づいてデータから複数のファイルを追加するには、[ By Field ] を選択します。

    • SharePoint出力では、書き込まれたデータからフィールドが除外されます。[ 出力にフィールドを保持 ] を選択すると、保持できます。

  5. ワークフローを実行してファイルを追加します。

ファイル形式を選択

  • [ Data Range ] オプションでは、作成するシートの名前を指定します。オプションとしては、[ By Sheet Name ] および [ By Field ] があります。

    • SharePoint出力では、書き込まれたデータからフィールドが除外されます。[ 出力にフィールドを保持 ] を選択すると、保持できます。

警告

[ By Field ] オプションを選択すると、複数のシートが作成され、[ Select Field ] で選択した値に基づいて名前が付けられます。

  • [ 次のセルで開始 ] にセルを入力し、データ出力の開始位置を指定します。

  • 出力データにヘッダーを含めるには、[ Write headers ] を選択します。

  • [ Code Page ] を選択して、データのエンコーディングを決定します。

  • [ Max Field Length ] を使用して、各フィールドの最大長を設定すると、文字列の切り捨てを制御することができます。

  • [ Field Delimiter ] を使用して、フィールド間を区切る記号を選択します。オプションは カンマ セミコロン タブ パイプ スペース カスタム区切り文字 です。

  • 出力データにヘッダーを含めるには、[ Write headers ] を選択します。

  • [ Quote Character ] を使用して、引用符の形式を選択します。オプションは、 なし 単一引用符 二重引用符 カスタム です。

  • [ Code Page ] を選択して、データのエンコーディングを決定します。

オプションなし。

SharePoint リスト

警告

SharePoint出力では、名前が特殊文字で始まる列に書き込むことはできません。これは、表示名ではなく、実際の列名に適用されます。列名の先頭に特殊文字を使用しないことをお勧めします。

小文字または大文字のcまたはrで始まり、数字を含む列名もしくはその他の文字を含まない列名を入力すると、リストの作成または変更は失敗します。

ツールの設定

  1. リスト を選択します。コンテンツは指定したURLに固有です。URLにディレクトリが含まれている場合、そのディレクトリのリストのみが表示されます。

  2. 出力オプション で、リストを書き込むためのオプションを選択します。

    • 既存のものを付加する : 既存のテーブルにすべてのデータを追加します。

    • リストを削除して付加する : テーブルから元のレコードをすべて削除し、既存のテーブルにデータを追加します。

    • 更新((更新失敗時の警告) : 指定した ID で既存のレコードのみを更新します。レコードを更新できない場合、警告が報告されます。

    • 更新(更新失敗時のエラー) : 指定した ID で既存のレコードのみを更新します。レコードを更新できない場合、エラーが報告され、処理が停止します。