Skip to main content

Orange polygon containing a white box with vertically stacked rows followed by an arrow pointing to another box of rows placed in a horizontal row. クロスタブツール

ツールごとに学習

クロスタブツールには、「ツールごとに学習」が用意されています。 サンプルワークフロー を参照して、Alteryx Designer でこのサンプルやその他の多くのサンプルに直接アクセスする方法を確認してください。

クロスタブツールを使用して、垂直データフィールドを水平軸に移動し、指定された場所でデータを集計することによって、テーブル内のデータの方向をピボットします。クロスタブツールは、データの向きを水平から垂直にピボットする 転置ツール のリバースアプリケーションです。クロスタブツールを適用できる行または列の数に制限はありません。

重要

Designer 10.5 以前のバージョンでは、異なる大文字の使用を含む同一文字列が含まれている場合、名前が変更された別々の列が作成されていました。10.5 以降では、2 つ以上のセルに異なる大文字の使用を含む同じ文字列が含まれていると、実行時にエラーが発生します。これを解決するには、各セルのデータが固有であるか、大文字化ルールがマッチングデータに対して整合性があることを確認します。

ツールの設定

  1. 使用可能なすべてのデータ値の一覧は、 以下の値でデータをグループ化 セクションに表示されます。データをグループ化するために使用する値を選択します。同一の値を持つデータは、単一の行にグループ化されます。

  2. 列ヘッダーの変更 ドロップダウンから値を選択します。固有な値ごとに新しい列が作成されます。

  3. 新しい列の値 ドロップダウンから値を選択します。これらの値は、新しい列を入力するために使用されます。

  4. フィールド内の複数の値を結合するには、 値を集計する方法 を選択します。使用可能なオプションは、 新しい列の値 フィールドで選択した値の データ型 によって異なります。

    • 文字列データのオプションには、次のものが含まれます。

      • 連結 : 区切りフィールドで指定された 区切り記号 を使用して値を区切ります。

      • 最初 : 最初に見つかった値を表示します。

      • 最後 : 最後に見つかった値を表示します。

    • 数値データのオプションには、次のものが含まれます。

      • 合計 : 値を合計します。

      • 平均 : 値の平均を計算します。

      • カウント (Null を除外) : null 値を除く値の数をカウントします。

      • カウント (null を含む) : null 値を含む値の数をカウントします。

      • パーセンテージ : 値に基づいて割合を計算します。

      • パーセンテージ : 値に基づいて割合を計算します。

      • の合計 : すべての値を合計します。

      • の合計 : 値の合計を含む新しい行を追加します。

    • 上記の 1 つ以上の方法を選択すると、 合計 最初 、または 最後 のみを選択した場合を除き、その方法の略語が列ヘッダーの先頭に追加されます。

      AVG_FieldValue、SUM_FieldValue、COUNT_FieldValue。

  5. 区切り記号 フィールドで指定された文字は、連結された文字列の間に自動的に追加されます。このオプションは、文字列を連結する場合にのみ使用できます。

  6. フィールド サイズ フィールドは、文字列を連結する際の最大フィールド長です。文字列が指定したサイズより大きい場合、 結果 ウィンドウに警告を表示し、データは切り捨てられます。文字列データ型の詳細については、 データ型 の記事を参照してください。