Skip to main content

Environment (環境)

システム設定 Environment (環境) 画面で、Server の Setup Type (セットアップタイプ) と、ファイルを保存するルートロケーションとして使用する Environment Configuration (環境設定) を選択します。

Setup Type (セットアップタイプ)

Setup Type (セットアップタイプ) 画面で、マシンで有効にする Server アーキテクチャのコンポーネントを選択します。Server アーキテクチャ全体を、単一のマシン上で有効化することができます。複数のマシンで Server のデプロイをスケーリングしたい場合は、マシンごとに別々のコンポーネントを有効化できます。

  • Designer Only (Designer のみ): マシン上で Designer のみを有効にします。スケジューラーと Server の機能は有効にならず、設定もできません。

  • Designer and Scheduler Only (Designer およびスケジューラーのみ): マシン上で Designer およびスケジューラーを有効にします。Server 機能は有効になりません。このオプションは、マシン上のユーザーがワークフローを構築して実行し、ワークフローを将来実行するようにスケジュール設定できるようにしたい場合に選択します。

  • Complete Alteryx Server (Alteryx Server 全体): Server のアーキテクチャ全体をマシン上で実行できるようにします。これには、Designer、スケジューラー、および Server UI が含まれます。このオプションは、単一マシン環境を運用し、Server の機能を完全に実装したい場合に選択します。

  • Custom (カスタム): マシンごとに別々のコンポーネントを有効化できます。このオプションは、Server を複数のマシンに展開する場合に選択します。

    • Enable Controller (コントローラーの有効化): マシン上でコントローラーを有効にします。コントローラーは、スケジュール設定されたワークフロージョブの管理とワーカーへの配布を行います。

    • Enable Worker (ワーカーを有効にする): マシン上でワーカーを有効にします。ワーカーは、スケジュール設定されたワークフロージョブをコントローラーから割り当てられて実行します。

    • Enable Gallery (Gallery を有効にする): マシン上で Server を有効にします。Galleryを有効にする場合は、 [Server UI] [認証] 画面で [Default Gallery Administrator] (既定の Gallery 管理者)を指定する必要があります。

環境設定

[Environment Configuration] (環境設定)画面で、Serverファイルが保存されているルートの場所を選択し、ホスト名、ワークスペース、およびSSL/TLSをグローバルに有効にするか否かを指定します。

ワークスペース

ルートパスは、一時ファイル、ログファイル、データベースファイルの格納場所のベースとして使用されます。このパスは、大量のファイルを保存するのに安全な場所を指定する必要があります。詳細については、「 Server ログの設定と使用 」を参照してください。

ホスト名

これは、マシンの完全修飾ドメイン名である必要があります。完全修飾ドメインが不要な場合は、ホスト名でかまいません。指定したホスト名または FQDN は、後の URL/URI 設定の既定推奨値を構築するために使用されます。

Globally Enable SSL/TLS (SSL/TLS をグローバルに有効化)

注記

Server-FIPS

AlteryxService は、内部および直接のサービス層通信で TLS をサポートするようになりました。Server-FIPSでは、TLSがすべてのサービスに対して有効になり、無効にすることはできません。この変更により、コントローラーノードとServer UIノードにX.509(TLS)証明書をインストールする必要があります。これにより、ノード間の通信がTLSと連携できるようになります。Serverをホストするすべてのマシンに、その設定に関係なく、証明書をインストールすることをお勧めします。

この設定は、コントローラー通信の TLS を含む環境全体の SSL/TLS を有効にします。この設定を選択する前に、有効な署名付き証明書と秘密鍵が Server UI ノードとコントローラーノード (それらが別々である場合) の両方にインストールされていることを確認してください。証明書のインストールと設定の詳細については、「 Server SSL/TLS を設定 」を参照してください。

[Globally Enable SSL/TLS] (SSL/TLS をグローバルに有効化) の設定をオンにすると、[Remote Controller] (リモートコントローラー) ページの [Use SSL/TLS] (SSL/TLS を使用) 設定、[Controller Configuration] (コントローラー設定) ページの [Enable Controller SSL/TLS] (コントローラーの SSL/TLS を有効化) 設定、および [Server UI Configuration] (Server UI 設定) ページの [Enable Server UI SSL/TLS] (Server UI の SSL/TLS を有効化) 設定がすべて有効になり、ロックされます。

次のステップ

コントローラー を設定します。