Skip to main content

インターフェースデザイナーウィンドウ

インターフェースデザイナーウィンドウを使用して、アプリまたはマクロインターフェースをカスタマイズします。インターフェースの質問とアクションの順序を変更し、インターフェース要素を追加し、値をテストし、コンテンツを含めます。

インターフェースデザイナーには、次の手順でアクセスします。

  • 表示から Interface Designerを選択します。

  • または、Ctrl + Alt + D のキーボードショートカットを使用する。

[Interface Designer]ウィンドウは、Designerインターフェイスとは関係なく開きます。アプリまたはマクロインターフェースの作成に使用されるツールの詳細については、 インターフェースツール を参照してください。

レイアウト

レイアウトビュー で、アプリまたはマクロインターフェース要素の追加、削除、順序の変更を行います。

インターフェース設計要素を追加します。Designerは、選択したタブの下部にこれらの要素を作成します。

グループボックス

関連する要素を含む視覚的なインジケータボックスです。Designerは要素をグループボックスに移動します。その中では要素は作られません。

ラベル

アプリケーションに 1 行のテキストを追加します。ラベルには、追加されたテキスト以外に視覚的なインジケータはありません。

リンク

アプリから Web ページまたはファイルにリンクします。

任意のファイルリンクへの相対パスを指定できます。ファイルリンクを使用して、Alteryx Serverインスタンスからファイルをダウンロードできます。

  1. インターフェースデザイナーにファイルリンクを入力します。スペースには「 %20 」を使用してください。例: gallery/My%20File.doc

  2. Alteryx Server インストールのギャラリーファイルにファイルをコピーします。 C:\Program Files\Alteryx\bin\RuntimeData\gallery

タブ

アプリインターフェースの上部にタブを追加します。分析アプリは、アプリのユーザーにあるタブから次のタブに移動してプロセスを完了するように促します。タブを使用して分析アプリ整理します。

インターフェース要素を選択し、[ 削除 ] をクリックしてインターフェースから削除します。削除されたコンテナ要素は、保持された要素を削除しません。

インターフェース要素を選択し、矢印を使用して要素を上下に移動するか、タブにツールをネストするか、要素をタブの間で左右に移動します。

インターフェース要素のプロパティを編集するには、その要素を選択し、[インターフェースデザイナー]ウィンドウ外部にある設定ウィンドウで編集します。編集を確認するには、[ 設定 ] ウィンドウをクリックするか、[ 適用 ] をクリックします。

テスト

テストビュー では、アプリケーションまたはマクロをテストします。質問に対する値を選択または入力し、それらの値を使用してアプリまたはマクロのデバッグバージョンを開きます。

値を手動で選択するか、次のオプションを使用します。

リセット

ユーザーが入力した値をすべてクリアし、デフォルトの設計設定に戻ります。

オープン

ファイルエクスプローラーを開く。.yxwv ファイルとして保存されたアプリの値を検索。

保存

ファイルエクスプローラーを開く。.yxwv ファイルとしてアプリの値を保存し、同じ分析アプリを後で実行するのに使用します。

表示

すべての質問の XML 結果を入力した値とともに表示します。

[ デバッグを開く ] を選択して、各質問用に入力された値で構成された新しいタブにワークフローのコピーを開きます。デバッグワークフローには、ツールコンテナを介してアクセス可能な デバッグログ が表示されます。デバッグログの詳細を表示するには、ツールコンテナを選択します。

  • インターフェースツールはそのワークフローには含まれていません。

  • ワークフローツールが式内で接続名を参照する場合、アプリの値はデバッグワークフローで更新されません。

ツリー

ツリー 表示には、アプリまたはマクロ内の質問とアクションの階層関係が表示されます。青いボックスは、選択されたインターフェース要素を囲んでいます(質問またはアクション)。灰色のボックスは、その対応する質問またはアクションを囲んでいます。

上および下矢印を使用して、選択したインタフェース要素の順序を変更します。アクション、入力、および出力の順序を変更することができます。詳細については、 マクロ入力ツール および マクロ出力ツール を参照してください。

プロパティ

プロパティ 表示で、アプリケーションまたはマクロ制御をカスタマイズします。制御はアプリとマクロで異なります。

アプリのコントロール

  • ヘルプ: ファイルまたはハイパーリンクの使用 : アプリまたはマクロのカスタムヘルプトピックへの相対パスまたはURLです。既定のヘルプページは、 分析アプリ または マクロ です。参照トピックを表示するには、F1 キーを押すか、ツールを選択して 設定 ウィンドウのヘルプアイコンを選択します。

  • 成功した場合 - 別の分析アプリを実行する : 最初のアプリが正常に実行された後に起動する保存済みアプリを選択します。これは、1つの分析アプリを別の分析アプリにつなぎ合わせます。 これらの連鎖アプリの数は、将来的にServer UI に公開する予定がある場合、7 アプリもしくはそれ以下に限定する必要があります。7 アプリよりも長い連鎖アプリは、Serverでは機能しません。

  • 成功した場合 - 結果をユーザーに表示 : アプリが正常に実行されたときに出力するファイルを選択します。アプリ設計ワークフローからのすべての出力ファイルと[閲覧]ツールを選択できます。

  • 出力メッセージ : アプリが正常に実行されたときに表示するテキストのみのメッセージを入力します。

  • 出力ファイルメッセージがない : 出力ファイルがない場合に表示するメッセージを入力します。

  • グラフィック (デスクトップのみ) : デスクトップ上でアプリが実行されている場合のみ表示される画像。

    • グラフィックを使用 : グラフィックはデスクトップ上で実行される分析アプリで表示されます。デフォルトのグラフィックは、Alterx 分析アプリのグラフィックで、124w x 319h の寸法の.PNG 画像が表示されます。カスタムグラフィックを使用するには、[閲覧] ボタンをクリックして画像を選択します。デフォルトのアプリケーションウィンドウは124w x 319hピクセルです。グラフィックはサイズを変更しても適合しません。

マクロ制御

  • 標準アイコン : キャンバスに配置されたマクロを表す標準アイコン。

  • カスタムアイコン : カスタム画像を選択します。画像サイズは 41 x 41 ピクセルに変更されます。

  • 出力フィールドは、マクロの設定またはデータ入力に基づいて変更されます : このオプションを選択すると、マクロは前回の実行時の出力フィールドを記憶します。出力フィールドを規定値にリセットするには、マクロ構成を変更します。マクロに渡されるデータに基づいて出力フィールドが変更される場合は、このオプションを選択します。出力フィールドが入力フィールドまたは質問の回答に基づいてのみ変更される場合は、このオプションを選択しないでください。

注記

Designer には、 バッチマクロ 反復マクロ 、および 位置最適化マクロ のマクロタイプに対する追加のコントロールが用意されています。