Skip to main content

Macro Input Tool Icon マクロ入力ツール

ツールごとに学習

マクロ入力ツールには「ツールごとに学習」があります。 サンプルワークフロー を参照して、Alteryx Designer でこのサンプルやその他の多くのサンプルに直接アクセスする方法を確認してください。

マクロ入力ツールで、インターフェース、ツール設定オプション、およびマクロのアンカーの設定ができます。

マクロツールには、マクロワークフローで使用される各[マクロ入力]ツールの入力アンカーが含まれています。入力アンカーは、マクロワークフローに追加された順に表示されます。 インターフェースデザイナー > ツリー表示 を使用して順序を編集します。詳細については、「 インターフェースデザイナーウィンドウ 」を参照してください。

ツールの設定

  1. テンプレート入力(標準ワークフローとしてのテスト用) を選択し、ツール設定オプションを設定します。

    • テキスト入力 : 通常のテキスト入力ツールのようにツールを設定します。このオプションはファイルの依存関係を必要としません。

      1. [ データの編集 ] を選択します。

      2. セルにデータを入力します。詳細については、「 テキスト入力ツール 」を参照してください。

    • ファイル入力 : データ入力ツールのようにツールを設定します。すべてのデータソースがサポートされています。

      1. [ 設定 ] を選択します。

      2. テンプレートとして使用するファイルを閲覧します。詳細については、「 データ入力ツール 」を参照してください。

  2. 入力名 : マクロツールの 設定 ウィンドウに表示されるタブの名前を入力します。

  3. アンカー略語 : ツールアンカーに表示する文字または数字を入力します。

  4. フィールドマップを表示を選択して、ツール構成用のデータをマップするようにマクロユーザに促します。

  5. [ オプションの入力接続 ] を選択して、マクロユーザーが入力接続を追加できるように、オプションにします。テキスト入力でこのオプションを使用します。

[マクロ入力]ツールは、マクロユーザが使用できるツール構成オプションを設定します。マクロ出力アンカー Q ドロップダウン または リストボックス ツールのオプションの入力接続に接続し、マクロ入力ツールで設定された設定オプションを表示できます。詳細については、「 ドロップダウンツール 」または「 リストボックスツール 」を参照してください。