Skip to main content

Googleドライブ

接続タイプ

Alteryxツール。最新のバージョンは、 Alteryx Marketplace から入手できます。

サポートのタイプ

読み取り、書き込み

バージョン

説明

v1.3.0

  • DesignerおよびServer 2021.4.2パッチ6、2022.1パッチ4以降と互換性があります。

  • AMP Engineとのみ互換性があります。

  • このコネクタをAlteryx Serverで実行するには、DCMが必要です。

  • .shivフォルダーの使用を削除しました。

  • ワイルドカードの使用を制限するオプションと現在選択されているフォルダーのみに「ファイルをローカルにダウンロードする」オプションを追加しました。

  • PACをプレーンテキストまたはJSONとしてダウンロードしたときにツールが接続できない問題を修正しました。(TPM-2927)

  • リストを下にスクロールすると、ファイルのリストが更新され、ルート共有ドライブの場所にリダイレクトされる問題を修正しました。(TFLN-1759)

  • Googleドライブの入力で「NA」値がNulllに置き換えられる問題を修正しました。(TPM-2576)

  • ユーザーがGSHEETで [シートを上書きする] を選択したときに、Google Drive出力で埋め込みオブジェクトの書式設定、フィルタリング、グループ化が削除される問題を修正しました。(TPM-2926)

  • 同じGoogleスプレッドシートを追加または上書きするときに、Google Drive出力でGoogleスプレッドシートIDが変更される問題を修正しました。(TPM-2789)

  • データ入力ツールをGoogle Drive入力ツールに置き換えたときにDesignerが応答しなくなる問題を修正しました。(TPM-3059)

v1.1.2

  • Alteryx DesignerおよびServer 2021.4.2パッチ4、2022.1パッチ2以降と互換性があります。

  • AMP Engineが必要です。

  • XLSXファイルをローカルでダウンロードすると、ツールがシート名のリストを返すようになりました。

  • Google Drive出力で、シートの追加または上書きアクションを使用したときに書式が保持されるようになりました。

  • Google Drive出力で日付フィールドが70年後に変更される問題を修正しました。 (TPM-1905)

  • Google Drive出力でシート名の設定が保持されない問題を修正しました。(TFLN-1223)

既知の問題

  • Alteryx Server には、SDKアクセスモード設定の AllowAll 値が必要です。

  • 複数のGoogle Drive出力ツールが同じGSHEETファイル内の異なるシートを上書きするように設定されている場合に、誤って同じシートを上書きします。(TPM-2059)

  • 共有ファイルでは、ワイルドカード検索が現在機能していません。(TPM-1840)

v1.1.1

  • Alteryx DesignerおよびServer 2021.4.2パッチ4、2022.1パッチ2以降と互換性があります。

  • Googleスプレッドシートの単一シートを上書きするオプションを追加しました。

既知の問題

  • Alteryx Server には、SDKアクセスモード設定の AllowAll 値が必要です。

v1.1.0

  • Alteryx DesignerおよびServer 2021.4.2パッチ4、2022.1パッチ2以降と互換性があります。

  • AMP Engineが必要です。

  • DCM のサポートを追加しました。

    • このコネクタをAlteryx Serverで実行するには、DCMが必要です。

  • Google共有ドライブのサポートを追加しました。

  • シート名とファイル名のフィールドの動作を変更して、書き込みデータから除外されるようにしました。シートとファイル名フィールドを保持するオプションを追加しました。

  • Windows証明書ストアに対して、SSL/TLS検証が実行されるようになりました。

  • FIPS対応。

既知の問題

  • Alteryx Server には、SDKアクセスモード設定の AllowAll 値が必要です。

  • Googleスプレッドシートの単一シートを上書きできません(まもなくリリース)。

v1.0.0

  • Alteryx Designer バージョン 2021.4 以降と互換性があります。

  • 初回リリース。

  • カスタムGoogleアプリ(シングルテナントアプリを含む)を使用するオプションを備えた、マルチテナントGoogleアプリが組み込まれています。

  • XLSX、CSV、YXDBファイル形式の読み取りと書き込みをサポートします。

  • プロキシのサポート。

接続に使用する Alteryx ツール

GoogleDrive Input ツール

Google Drive Tool

リンク

Google Drive 出力ツール

Google Drive Tool

リンク

データ接続マネージャー

Google Driveツールのバージョン1.1.0以降は データ接続マネージャー をサポートしているため、資格情報を簡単かつ安全に保存できます。Google Driveへの接続を作成し、Google Driveツールを含むワークフローで保存された資格情報を簡単に再利用できます。Alteryx Serverで公開されたワークフローを正常に実行するには、保存された資格情報が必要です。

AMP Engineを有効にする

Googleドライブツールバージョン1.1.0以降を含むワークフローで、 AMP Engine が有効になっていることを確認します。

Googleドライブにサインイン

インターネットブラウザからサインインするか、個人のGoogleアプリから接続できます。アプリの作成方法の詳細については、「 カスタムAPIアプリケーションのセットアップ 」、または「 アプリの作成とセットアップ 」を参照してください。

インターネットブラウザからサインイン

  1. [ 新しい接続を作成 ] で、[ インターネットブラウザからサインイン ] を選択します。

  2. 接続 を選択します。

  3. 資格情報を入力してサインインします。

  4. [ 続行 ] を選択し、アクセスを許可します。

自分のGoogleアプリを使用して接続

  1. [ 新しい接続を作成 ] で、[ インターネットブラウザからサインイン ] を選択し、[ 自分のGoogleアプリを使用して接続 ] をオンにします。

  2. [ クライアント ID ] と [ テナント ID ] を入力します。

  3. 接続 を選択します。

  4. 資格情報を入力してサインインします。

  5. [ 続行 ] を選択し、アクセスを許可します。

Custom API Application Setup

To set up a custom API application for this tool, see our guide.