Skip to main content

Microsoft Power BI

接続タイプ

Alteryxツール( Alteryx Marketplace から入手可能)

ドライバーの詳細

Microsoft Power BI アカウントを作成する必要があります。

サポートのタイプ

書き込み

バージョン

説明

v3.3.1

  • 特殊文字を含む証明書のサポートを追加しました。

v3.3.0

  • Alteryx DesignerおよびServer 2021.4.2パッチ4、2022.1パッチ2以降と互換性があります。

  • AMP Engineとのみ互換性があります。

  • DCM のサポートを追加しました。

    • このコネクタをAlteryx Serverで実行するには、DCMが必要です。

  • FIPS対応。

  • Windows証明書ストアに対して、SSL/TLS検証が実行されるようになりました。

v3.2.0

  • Designerに組み込まれたCEFではなくユーザーのブラウザを使用して認証が行われ、条件付きアクセスなどの最新のセキュリティポリシーに準拠します。

  • ログインセッションは、(以前のバージョンの24時間ではなく) 6か月間有効であるため、スケジュール設定に適しています。

  • Alteryx Designerバージョン2021.3.4以降と互換性があります。

v3.1.0

  • サービスプリンシパルを使用するオプションを追加しました。

  • SSL検証を無効にするオプションを追加しました(非推奨のため、デバッグ目的でのみ使用してください)。

  • Designer 2021.3.2.54175での認証時に空白の画面が表示される問題を修正しました。Designer 21.3.3.63061以降に更新する必要もあるので、注意してください。

v3.0.0

  • カスタムAzureアプリを使用するオプションを備えた、マルチテナントAzureアプリが組み込まれています

  • 複数のテーブル入力をサポートします

  • 既存のデータセットとその構造を、データを更新および上書きして保持します

  • 作業するワークスペースを選択できます

  • プロキシのサポート

  • Alteryx Designerバージョン2021.2.2以降と互換性があります

v2.1.3

  • Designer 2020.2での.yxiインストーラーの機能強化をサポートするため、事前にパッケージ化された仮想環境設定を削除しました。

v2.1.2

  • yxiパッケージのconfig.xmlファイルとツールの設定xmlファイルの両方について、メタデータ検索タグを追加/修正しました。

  • 実行時にrequest-oauthlibバージョンがoathlibバージョン2.0.6と競合する問題を修正しました。

v2.1.1

  • ツールメタ情報の更新。

v2.1.0

  • 入力したドロップダウンからの、データセットおよびテーブル選択のサポートを追加しました。

v2.0.0

  • 新しいYXI Power BI出力コネクタでは、既存のマクロから次の点が改良されています。

  • 「マイワークスペース」以外のPower BIワークスペースの選択のサポートを追加しました。

  • 他のYXIコネクタに合わせてUXを更新しました。

  • 名前がPower BI出力に変更されました。

v1.0.0 (廃止予定)

  • 初回リリース。

接続に使用する Alteryx ツール

Microsoft Power BI出力ツール

Gray icon with bar graph inside

リンク

重要

制限事項と詳細については、「 MicrosoftのPushデータセットの制限事項 」を参照してください。

Power BI APIの制限により、Designerは 日時値 を書き込むことができません。データセットをPower BIにアップロードする前に、日時値を文字列に変換してください。

Desktop Automation (Scheduler)は、このコネクタではサポートされていません。

データ接続マネージャー

Popwer BI出力のバージョン3.3.0以降は データ接続マネージャー をサポートしているため、資格情報を簡単かつ安全に保存できます。Power BIへの接続を作成し、Power BI出力を含むワークフローで保存された資格情報を簡単に再利用できます。Alteryx Serverで公開されたワークフローを正常に実行するには、保存された資格情報が必要です。

AMP Engineを有効にする

Power BI出力ツールのバージョン3.3.0以降を含むワークフローで、 AMP Engine が有効になっていることを確認します。

Custom API Application Setup

To set up a custom API application for this tool, see our guide.