Skip to main content

Tableau

接続タイプ

Alteryxツール。最新のバージョンは、 Alteryx マーケットプレイス から入手できます。

サポートのタイプ

読み取り/書き込み/公開

検証済み

Tableau SDK 10.3 (空間サポート)

バージョン

説明

v1.4.0

  • Alteryx DesignerおよびServer 2021.4.2パッチ6、2022.1パッチ4以降と互換性があります。

  • AMP Engineが必要です。

  • Alteryx Serverでワークフローを実行するにはDCMに保存された資格情報が必要です。

  • Tableau出力の書き込みパフォーマンスが向上しました。

  • プロジェクトブラウザとデータソースブラウザの更新ボタンが機能しない問題を修正しました。(TFLN-1436)

  • 3GBを超えるデータセットをアップロードするとTableau出力が不安定になる問題を修正しました。(TPM-2121)

v1.3.1

  • Alteryx DesignerおよびServer 2021.4.2パッチ6、2022.1パッチ4以降と互換性があります。

  • AMP Engineが必要です。

  • Alteryx Serverでワークフローを実行するにはDCMに保存された資格情報が必要です。

  • Tableau出力でfloatデータ型のNull値が「nan」として書き込まれる問題を修正しました。(TPM-2210)

既知の問題

  • 3GBを超えるデータセットをアップロードすると、ツールが不安定になる。(TPM-2121)

  • 更新ボタンが、Tableau出力ツールでもTableau入力ツールでも機能しない。(TFLN-1436)

v1.3.0

  • Alteryx DesignerおよびServer 2021.4.2パッチ6、2022.1パッチ4以降と互換性があります。

  • HYPERデータソースからデータを読み取るための新しいTableau入力ツールを追加しました。

    • ライブデータソースはサポートされていません。

    • Tableau出力ツールで作成されたデータソースのみ読み取りがサポートされます。

  • AMP Engineが必要です。

  • Alteryx Serverでワークフローを実行するにはDCMに保存された資格情報が必要です。

  • Null数値が0に変換される問題を修正しました。(TPM-1546)

    • Tableauのダッシュボード上でNull数値が既定で0として表示される。

  • Null文字列値が空の文字列に変換される問題を修正しました。(TPM-1528)

  • 日付が文字列に変換される問題を修正しました。(TPM-2138)

  • DCMを使用したときにDesignerが際限なく実行されるか、クラッシュする問題を修正しました。(TPM-1986)

  • キャンバスで複数のTableau出力ツールを使用したときに、「The system could not find the path specified」というエラーが発生する問題を修正しました。(TPM-1915)

既知の問題

  • 3GBを超えるデータセットをアップロードすると、ツールが不安定になる。(TPM-2121)

  • 更新ボタンが、Tableau出力ツールでもTableau入力ツールでも機能しない。(TFLN-1436)

v1.2.0

  • Alteryx DesignerおよびServer 2021.4.2パッチ4、2022.1パッチ2以降と互換性があります。

  • AMP Engineが必要です。

  • DCM のサポートが追加されました。

    • このコネクタをAlteryx Serverで実行するには、DCMが必要です。

  • SpatialObjのサポートが追加されました。

  • SSL/TLS検証がWindows証明書ストアに対して実行されるようになりました。

  • FIPS対応。

既知の問題

  • Alteryx Server には、SDKアクセスモード設定の すべて許可 値が必要です。

  • Null値が0に変換されます。

v1.1.1

  • ブール値フィールドと日付時刻フィールドの変換に関する問題を修正しました。

v1.1.0

  • Tableau Serverオンプレミスのサポートが追加されました(Tableau Server 2019.2以降が必要)。

v1.0.1

  • Alteryx Designerバージョン2021.3以降と互換性があります。

  • 初回リリース。

  • サポートされている認証方法は、ユーザー名とパスワード、および個人のアクセストークンです。

  • データセット内の複数のテーブルを作成、上書き、追加、更新、またはアップサートします。

  • Post SQLのサポート。

  • プロキシのサポート。

  • WKTから空間オブジェクトへの変換のサポート。

既知の制限

  • v1.0.1はTableau Serverオンプレミスをサポートしていません。

  • 複数のテーブルを操作する場合は、.tdsファイルを提供する必要があります(Tableau Desktopから入手できます)。

接続に使用する Alteryx ツール

データ入力ツール

Input Data Tool Icon

リンク

データ出力ツール

Output Data Tool Icon

リンク

Tableau入力ツール

Tableau Output Tool

リンク

Tableau出力ツール

Tableau Output Tool

リンク

Tableau Serverにパブリッシュツール

Publish to Tableau Server Tool Icon

リンク

重要

  • データ入力ツール は、データをTableau Hyperデータ抽出(HYPER)ファイルとして読み取ります。このツールはローカルファイルのみをサポートします。

  • データ出力ツール は、Tableau Hyperデータ抽出(HYPER)ファイルとしてデータを保存します。このツールはローカルファイルのみをサポートします。

  • Tableau出力ツール はTableau Hyperデータセットを作成してTableauサーバーにアップロードするか、Tableau Hyperデータ抽出(HYPER)ファイルとしてローカルに保存します。

  • Tableau Serverにパブリッシュツール を廃止しました。機能は Tableau出力ツール に置き換えられました。

データ接続マネージャー

Tableauツールバージョン1.2.0以降では、資格情報をより簡単かつ安全に保存できるように データ接続マネージャー がサポートされています。Tableauへの接続を作成し、Tableauツールを含むワークフローで保存された資格情報を簡単に再利用できます。Alteryx Serverで公開ワークフローを正常に実行するには、保存された資格情報が必要です。

AMP Engineの有効化

Tableauツールバージョン1.2.0以降を含むワークフローで AMP Engine が有効になっていることを確認します。

制限事項

Tableauはシングルサインオンや多要素認証をサポートしていません。ユーザー名とパスワード、または個人のアクセストークンを使用したサインインのみがサポートされています。個人のアクセストークンは、永続的な認証トークンであり、ハードコードされた資格情報や対話型ログインを必要とせずにTableau REST APIを使用して自動化を実行できます。

検索は完全な名前でのみ実行されるため、単なる「名前」ではなく「データソース名」を指定する必要があります。

Designerバージョン2021.2以降、.hyperファイルから読み込むテキストフィールドは、データ損失を避けるために、最大サイズの V_WString として読み込みます。この問題を回避するには、データを他の形式に書き込む前に、[オートフィールド] または [セレクトツール] を使用します。