Skip to main content

Dataverse Icon Dataverse 入力ツール

Dataverse入力を使用して、DataverseテーブルからDesignerにデータを読み込みます。既知の制限事項については、 Microsoft Dataverse を参照してください。Dataverse の詳細については、 Microsoft Dataverse のドキュメント サイトを参照してください。

重要

このツールは、Designer では自動的にインストールされません。このツールを使用するには、 Alteryxマーケットプレイス からダウンロードします。

このデータコネクタのすべての機能を維持するには、Designerとの互換性に注意してください。

Designer バージョン 2021.3.3 以降。

Designerバージョン2021.2.1~2021.3.1。

Dataverseへのサインイン

認証にはOAuth方式が使用されるため、 インターネットブラウザからサインイン オプションで既定のAlteryxアプリケーションを使用するか、 認証情報を入力 オプションで自身のAPIアプリケーションを提供できます。APIアプリケーションの作成方法の詳細については、 カスタムAPIアプリケーションのセットアップ を参照してください。

クラウドサービスの使用時にServerでワークフローをスケジュールするには、[ 認証情報を入力 ] を選択してから [ サービスプリンシパルを使用 ] を選択し、トークンの有効期限を延長して、自身のAPIアプリケーションを提供する必要があります。

インターネットブラウザからサインイン

  1. [ 認証方法 ] で、[ インターネットブラウザからサインイン ] を選択します。

  2. 接続 を選択します。

  3. 資格情報を入力してサインインします。

認証情報を入力

  1. [ 認証方法 ] で、[ 認証情報を入力 ] を選択します。

  2. [ クライアントID ] と [ テナントID ] を入力します。ワークフローをスケジュールする場合は、[ サービスプリンシパルを使用 ] を選択して、[ クライアントID ]、[ クライアントシークレット ]、[ テナントID ] を入力します。

  3. 接続 を選択します。

  4. 資格情報を入力してサインインします。

テーブルと列を選択

  1. テーブル で、データを読み取るテーブルを選択します。

  2. で、読み取る列のみを選択します。フィールドを空白のままにして、すべての列を読み取ることができます。

  3. オプション タブの フィールドを次のツールに即時に伝播 を選択して、ワークフローを実行せずに、すべてのフィールドを接続されたツールに伝播します。

データをフィルタリング

Dataverse 入力フィルタを使用して、読み取るデータを指定します。

  • 保存されたクエリ : 定義済みのクエリを選択します。[ 最大行数 ] および [ 行から開始 (オフセット) ] を適用できます。

  • フィルタを定義 – 手動 : 論理演算を適用する列を選択します。[ 最大行数 ] および [ 行から開始 (オフセット) ] を適用できます。

  • フィルターを定義 – カスタムODataクエリ : テキストフィールドにカスタムクエリを入力します。