Skip to main content

Microsoft OneDrive

接続タイプ

Alteryxツール。最新のバージョンは、 Alteryx Marketplace から入手できます。

サポートのタイプ

読み取り、書き込み

バージョン

説明

v2.2.0

  • Designer 2021.4.2パッチ4、2022.1パッチ2以降と互換性があります。

  • AMP Engineとのみ互換性があります。

  • DCM のサポートを追加しました。

    • このコネクタをAlteryx Serverで実行するには、DCMが必要です。

  • FIPS対応。

  • 1つのシートのみを上書きするオプションを追加しました。

  • シート名フィールドの動作を変更して、書き込みデータから除外されるようにしました。シート名フィールドを保持するオプションを追加しました。

  • Windows証明書ストアに対して、SSL/TLS検証が実行されるようになりました。

v2.1.0

  • Designerに組み込まれたCEFではなくユーザーのブラウザを使用して認証が行われ、最新のセキュリティポリシーに準拠します。

v2.0.2

  • 「認証情報を提供」が有効になっているとツール設定が失われる問題を修正しました。

v2.0.1

  • Designer 2021.3.2.54175での認証時に空白の画面が表示される問題を修正しました。Designer 21.3.3.63061以降に更新する必要もあるので、注意してください。

v2.0.0

  • カスタムAzureアプリ(シングルテナントアプリまたはサービスプリンシパルを含む)を使用するオプションを備えた、マルチテナントAzureアプリが組み込まれています。

  • XLSX、CSV、YXDBファイル形式の読み取りと書き込みをサポートします。

  • プロキシのサポート。

  • Alteryx Designerバージョン2021.2.2以降と互換性があります。

  • OneDrive 365が必要です。

v1.0.2

  • コードページオプションを更新しました。

  • 同じ言語のエンコーディング(例: 「言語」 -> 「言語(特定のコード)」)とアルファベット順のエンコーディングが区別されるようになりました。

  • ユーザーが出力ツールでCSVファイルのエンコーディングを指定できるようになりました。

  • データ変換処理を改善し、フィールドに値がない場合にエラーではなく警告が表示されるという問題を解決しました。

  • 既定値の設定が優先されないことがある問題を修正しました。

  • Designer の異なるインストール/構成に対する権限の問題を回避し、スケジュールされたワークフロー機能をサポートするために、本番環境のログを無効にしました。

v1.0.1

  • パッケージが正常にインストールされない問題を解決しました。

v1.0.0

  • OneDrive入力とOneDrive出力の初期リリース。

接続に使用する Alteryx ツール

OneDrive入力ツール

OneDrive Input Tool Icon

リンク

OneDrive出力ツール

OneDrive Output Tool Icon

リンク

データ接続マネージャー

OneDriveツールのバージョン2.2.0以降は データ接続マネージャー をサポートしているため、資格情報を簡単かつ安全に保存できます。OneDriveへの接続を作成し、OneDriveツールを含むワークフローで保存された資格情報を簡単に再利用できます。Alteryx Serverで公開されたワークフローを正常に実行するには、保存された資格情報が必要です。

AMP Engineを有効にする

OneDriveツールのバージョン2.2.0以降を含むワークフローで、 AMP Engine が有効になっていることを確認します。

Custom API Application Setup

To set up a custom API application for this tool, see our guide.