Skip to main content

OneDrive Input Tool Icon OneDrive入力ツール

OneDrive 入力は、OneDrive から Designer にファイルを読み取ります。既知の制限事項については、 Microsoft OneDrive を参照してください。Microsoft OneDrive の詳細については、 Microsoft OneDrive のドキュメント サイトを参照してください。

OneDriveコネクタの機能を完全に維持するには、「 Designerとデータコネクタの互換性 」を参照してください。

重要

このツールは、Designer では自動的にインストールされません。このツールを使用するには、 Alteryxマーケットプレイス からダウンロードします。

OneDrive にサインイン

認証にはOAuth方式が使用されるため、[ インターネットブラウザからサインイン ] を選択して既定のAlteryxアプリケーションを使用するか、[ クライアントIDおよびシークレット、テナントIDを入力 ] を選択して自身のAPIアプリケーションを提供できます。独自のAPIアプリケーションを作成する方法については、「 カスタムAPIアプリケーションのセットアップ 」セクションを参照してください。

デフォルトの Alteryx アプリケーション ( インターネットブラウザーからサインイン ) を使用して、最大 6 か月のワークフローをスケジュールできます。ただし、[ クライアントID、クライアントシークレット、テナントIDを入力 ] を選択した後で [ サービスプリンシパルとして使用 ] を選択した場合は、会社のポリシーに従ってトークンの有効期限を設定でき、スケジュールされたワークフローは単一のユーザーに関連付けられません。これは、たとえば、ユーザーが退職してアカウントが無効になった場合にワークフローが実行されないようにする場合に便利です。

OneDrive入力では、サービスプリンシパルとして使用せずにクライアントIDおよびシークレット、テナントIDを使用して接続する場合でも、クライアントシークレットが必要です。管理者に連絡して、シークレット ID ではなく シークレット値 を要求してください。

データソースを選択

OneDrive 入力ツールで、同じタイプのファイルを 1 つずつ読み込むことも、まとめて読み込むこともできます。フォルダーを選択して、そのフォルダーとそのサブフォルダー内の同じタイプのファイルをまとめて読み込むことができます。また、ワイルドカードを使用して対象ファイルを定義することもできます。

  • [ Files to Display ] ドロップダウンで表示するファイルを選択します。オプションは、[ 個人ファイル ]、[ 最近使用したファイル ]、[ 共有されているアイテム ] です。

  • フォルダーを選択するか、ファイルツリーでファイルを選択するか、名前で検索します。[ File Path ] フィールドにファイルパスを入力することもできます。

    ヒント

    ファイルを選択した場合は、そのファイルの形式が自動的に判断されます。フォルダーを選択した場合は、[ オプション ] タブで読み込むファイルの種類を選択する必要があります。ファイルパスは、ワイルドカードで定義することができます。たとえば、「2020」で終わるすべてのXLSXファイルは「.../*2020.xlsx」となります。

  • OneDrive入力でサポートされていない種類のファイルを処理する場合、またはファイルのオフラインコピーを保持する場合は、[ 後で処理するためにファイルをローカルにダウンロード ] を選び、ファイルを保存する場所を選びます。既定の場所は「%TEMP%」です。

ファイル形式を選択

ファイルを選択したときに、ファイル形式が自動的に判断されます。フォルダーとそのサブフォルダーから複数のファイルを読み込むには、[ Options ] タブでファイルの種類を手動で選択する必要があります。

  • [ Data Range ] オプションでは、データが含まれているシートを指定します。オプションには、 すべてのシート シート名 シート番号 名前付き範囲 シート名のリストのみをインポート があります。

  • データの最初の行を列ヘッダーとして設定する場合は、[ First row contains field names ] チェックボックスをオンにします。

  • [ ライン上でデータを開始 ] を使用して、インポートを開始する行を選択します。

  • [ Code Page ] を選択して、データのエンコーディングを決定します。

  • [ Propagate field immediately to the next tool ] を選択すると、ワークフローを実行しなくても、すべてのフィールドが接続先のツールに伝播されます。

  • [ Attach Metadata ] を使用して、入力のすべての行に添付するメタデータを選択します。

  • [ Max Field Length ] を使用して、各フィールドの最大長を設定すると、文字列の切り捨てを制御することができます。

  • [ Field Delimiter ] を使用して、フィールド間を区切る記号を選択します。オプションは カンマ セミコロン タブ パイプ スペース カスタム区切り文字 です。

  • データの最初の行を列ヘッダーとして設定するには、[ First row contains field names ] チェックボックスをオンにします。

  • [ ライン上でデータを開始 ] を使用して、インポートを開始する行を選択します。

  • [ Quote Character ] を使用して、引用符の形式を選択します。オプションは、 なし 単一引用符 二重引用符 カスタム です。

  • [ Code Page ] を選択して、データのエンコーディングを決定します。

  • [ Propagate field immediately to the next tool ] を選択すると、ワークフローを実行しなくても、すべてのフィールドが接続先のツールに伝播されます。

  • [ Attach Metadata ] を使用して、入力のすべての行に添付するメタデータを選択します。

  • [ Propagate field immediately to the next tool ] を選択すると、ワークフローを実行しなくても、すべてのフィールドが接続先のツールに伝播されます。

  • [ Attach Metadata ] を使用して、入力のすべての行に添付するメタデータを選択します。